宮城で土地や物件の処分をする場合には任意売却を考えよう

宮城は東北地方の中心であり、とくに県庁所在地である仙台市を中心として栄えています。

もちろん人口も多く、宮城で住宅やマンションを取得して住んでいる人も多いです。

住宅ローンは平均でも約35年と長い時間をかけて払っていくものであり、途中ライフプランの変更などで住宅ローンの支払いが難しいという人がいます。

そういった人にとって最適な方法が「任意売却」です。

任意売却とは住宅ローンが残っている物件を、金融機関の了承を得て売る制度のことを指します。

宮城で住宅ローンの返済に困ったら、任意売却をぜひオススメします。

◇任意売却をする理由

宮城の不動産の任意売却を希望する、その理由は人によってさまざまです。

以下のような事情を抱えている人はぜひ任意売却を検討しましょう。

・支払いが困難

当初は住宅ローンを払えると見込んで融資をしてもらったが、不景気や転職などで収入が減ってしまい支払いが困難になる人は多いです。

そのまま放っておくと金融機関から督促状が届き最悪「競売」にかけられてしまうため支払いできないと判断した時点ですぐに手続きを開始するのがベストです。

・転勤や引越し

ずっと宮城に住むつもりで住宅を取得したのに、予期せぬ転勤や家庭の事情で他県の実家に戻ることになったなど、不可抗力の理由が該当します。

・離婚、死別

結婚時、夫と妻の共同名義で住宅ローンを組んだが、離婚により引越しすることになった場合です。

家族の死別でよりコンパクトな住宅に引っ越すなども理由に該当します。

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.